風景写真家 青木 克純 青木写真事務所

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内
カメラのテクニック講座
ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 


       新年明けましておめでとうございます。皆様方には今年も傑作を物にすべく撮影にお励みください。


 Q : 去年念願の魚眼レンズを手に入れたのですが今年からこのレンズにチャレンジしようと思っています。使い方で気を   つけることはありますか。  

 A : 思い切ったレンズを購入されましたね。新年から今年にかける意気込みが感じられます。是非魚眼レンズを使って、   傑作をものにしてください。 魚眼レンズは通常の広角レンズと違う点が3つあります。

 @ 画面の周囲が歪む

 A 広い画角が得られる

 B 近接撮影が出来る

 

 写真1は魚眼レンズで海のなぎさを撮ったものですがあんまり歪んでいません。しかし 

 写真2の作品は同じところを撮影したのに歪んでいます。 このように魚眼レンズは画面中心では歪まず周辺に行くほど 歪むのです。 何でもかんでも歪ませるのではなく、意識して歪ませるようにしてみましょう。

 写真3の写真では月見草をアップで狙ってみました。Aで言っている様に画角が広いので手前に自分の影が入ってしま いました。 まだ陰位なら良いのですが自分の足を写してしまう人もいますので気を付けましょう。また近接撮影をする場 合は思い切って、数センチのところまで近寄りましょう。

 写真 4 の作品は何のへんてつもない田んぼですが魚眼レンズの効果で面白い作品になりました。 このように魚眼レン ズは使い方によって何でもない風景が一変します。いろいろと撮り方を工夫して、良い作品を作っていってください。

写真1

2009年の記事 2008年の記事 2007年の記事

 
〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  青木写真事務所
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純