風景写真家 青木 克純 青木写真事務所

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内
カメラのテクニック講座
ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 

いよいよ9月に入りました。これから季節は秋に向かって涼しくなってきますが暑い日のほうが多いでしょうか。

でも山の方は秋の気配がしてきます。この時期は日の出や夕暮れがきれいな日が多いのでカメラを持ってぶらっと出かけて見ましょう。では質問です。


Q : ISO感度について教えてください
A : 感度と言うと、今までのフィルムカメラの場合はフィルムの箱に表示してありました。ですから一旦フィルムを入れてしま  うとそのフィルムを使い切らない限りは感度の変更は出来なかったのです。
  デジタルカメラになってからはフィルムを使っていませんから一枚ごとに変える事が出来る様になりました。ですからオ  ートで撮影していると、暗い被写体の場合などはカメラが勝手に判断して、感度を上げたり下げたりします。
  出来上がった写真を見ても区別が付かない程の仕上がりになっています。
  それならば初めから感度を上げて撮ればいいと思いますがそうもいかない事情があるのです。
  感度を上げると少ない光の量で画像を作らなくてはならないので、画像を読み出す時に情報を増加させます。そのとき    に画像だけではなくノイズまでも増加させてしまうのです。その結果画質の低下につながります。

  写真1はISO100で撮影しました。全体的になめらかで柔らかい作品に仕上がりました。

  写真3はそのアップですがきめ    細かく写っています。
  写真2はISO1600で撮影しました。全体的に固めで暗い印象がします。

  写真4はそのアップですが色がばらついている様な印象です。

  それではISO1600の作品が悪いかと言えばそうでもありません。滝の水の流れに力強さが出たと思います。それぞれ    の良さを生かした作品作りをして見ましょう。

写真1と3 写真2と4                      

<< バックナンバー >>

2009年の記事 2008年の記事 2007年の記事

 
〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  青木写真事務所
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純