風景写真家 青木 克純 青木写真事務所

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内
カメラのテクニック講座
ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 

  地球温暖化が叫ばれている中、ここのところ寒い日が続いています。こちら群馬でも朝は水道や屋根が凍り、霜柱も出来ています。撮影には暖かくして、ゆとりのある計画で出かけてください。
ではビギナーの方からの質問です。

Q: 本格的に写真にチャレンジしようと思い、デジタル一眼レフの購入を考えています。
  どんな機種を購入したらいいでしょうか。

A : 初めて買う一眼レフカメラ !! というのは感慨の深いものがあります。
自分も30年以上前の事になりますがあの感動は未だにはっきり覚えて居ります。今から思えば人生を変えた出会いになったのでした。その様なわけでこの選択は慎重にしなくてはいけません。しかし考えすぎてもしょうがない。
やはり色々見てみて、一番気に入ったのを選ぶのが一番だと思います。
では選ぶポイントを紹介しましょう。

1. 予算
これは非常に大切です。価格帯別に10万以下、10〜20万、30万以上になります。 一口にどこが違うのかというと、カメラの作りが違います。高ければそれだけ高級感あふれる使いやすいカメラです。だだ写りには価格の違いほどの違いはありません。


2. 画素数
1000万画素あれば十分です。メーカー間での画素数合戦を良く見受けますがそれに惑わされてはいけません。


3. メーカー選び
デジタル一眼レフの市場はニコン、キャノンが主流になっています。基本的にはこのどちらかを買っておけば問題ありませんがオリンパス、ペンタックス、ソニーなどのメーカーもそれぞれ個性を主張していて、侮れません。個人的にはシグマも使ってみたいメーカーの一つです。この問題は奥が深いので後に続くということにしますがカタログや店頭で見て、カッコいいー、欲しいなーと思うのが良いと思います。


4. レンズ選び
18-200mm相当の高倍率ズームと呼ばれるものを購入してください。メーカーはニコン、シグマ、タムロンと出ていますがこれ一本で済むくらいです。先のことも考えてここは無理をしてもこのレンズを購入しましょう。

 このお話はまだ書きたいことがいっぱいありますのでブログ等でも機会がありましたら、触れて行きたいと思います。


参考写真

参考写真

<< バックナンバー >>

2009年の記事 2008年の記事 2007年の記事

写真2は三陸海岸の漁港を18mmの広角で狙ったものです。
ニコンD2X レンズAF-S DX VR Zoom Nikkor ED18〜200mmF3.5-5.6G(IF) 18mm F13 1/125

写真1は同じ場所から150mmの望遠レンズで狙いました。
18-200mmなのでレンズ交換も無く撮影できました。
150mm F13 1/125

 
〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  青木写真事務所
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純